健康食品やサプリにウコンが入っていたり、スパイスでよく見かけたりする黄色のターメリック、どちらも聞いたことがあるように思うけれど、実際にはどう違うのかをご存じでしょうか。今回は、ターメリックとウコンの違いについてお伝えいたします。

 

 

ターメリック=ウコン?

 

実は、ターメリックとウコンは基本的に同じものと考えることができるのですが、ウコンには非常に多くの種類があると言われています。

ウコンはショウガの仲間で、世界中に広がるその種類は数百とも数千とも言われています。日本では主に沖縄など温かい地域で栽培されていることが多いウコンですが、その種類は大きく3種類に分けることができます。

 

春ウコン

春に花が咲くことから、春ウコン(ハルウコン)と呼ばれています。苦味や辛味があり幅広く使用されています。ウコンとして使用する根茎は淡い黄色をしており、私たちの日常生活の中でもスーパーや八百屋でなどでよく見かけるショウガのような色合いです。春ウコンにはミネラルや精油成分が豊富に含まれており、クルクミンという体に良い成分も含まれています。

 

秋ウコン

秋に花が咲くことから、秋ウコン(アキウコン)と呼ばれています。苦味が少なく、主にスパイスとして使用されています。根茎を割ってみるとオレンジのような鮮やかな色合いをしておりウコン独特の色のもとになっています。クルクミンという成分ですが、秋ウコンには春ウコンの10倍近くも多く含まれいると言われています。一般的に二日酔いに効くウコンなど日本でウコンとしてよく知られているものは、この秋ウコンであると言えます。

 

紫ウコン

葉などに紫色が見られることから、紫ウコン(別名:ガジュツ)と呼ばれています。苦味は強いのですが、精油の成分が多く含まれておりダイエット用として近年注目されています。

 

 

ターメリックとウコンの違い

 

実はターメリックとウコンは同じものであると言えるのですが、ターメリックとして使用されているのは、主に秋ウコンとなります。

苦味が少なく風味が良いことが特徴で、色が鮮やかで皆がイメージするターメリック=秋ウコンです。

また、ウコンの語源となった「鬱金(ウッコン)」という言葉はウコンの鮮やかな黄色を表しており、語源から見ても秋ウコンが元になっていると考えることができます。

ゴールデンラテ
ターメリック香る、心安らぐホッとな味わい

 

natoha(ナトハ) 黒人参茶 クレンズ
心と体が喜ぶベジ&ハーブティー

 

SAKEKING
4種の無農薬ウコンをつかったナチュラルサプリ





【9月3日〜30日はゴールデンラテ+ヒハツ】ゴールデンラテに「ちょい足し」できる美味しくヘルシーなスパイスをプレゼント!

“ターメリックとウコン、どう違う?” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です