こんにちは。リフェットセレクトの上田です。

先日、家族イベント=父の古希祝いが無事に終わりました。兄弟3人と配偶者を合わせた5人でえっちらおっちらと企画をし、当初の予定より3ヶ月遅れたお祝いとなりました。

 

旅行や、父の友人を招いてのパーティーも考えましたが、やはり原点回帰で父が好きな場所の一つの山の家で、家族だけで。

ケータリングはお願いをして、それ以外は自分たちで全てアレンジ。『やるからには』を合言葉(?)に、100均のペーパーフラワーや、コンサートで使うウチワを夜な夜な内職をし、なんとかデコレーションなどもそれらしくなり、天気にも恵まれ、素晴らしい1日を過ごすことができました。

パーティー内ではケータリングのクレイジーキッチンさんの力ぞえで、父の人生のストーリーに沿ったお料理を出していただき、そこに義兄がおもしろおかしく作ってくれた動画を使って進行していきました。

父の世代では『動画メッセージ』が珍しいのも手伝い、動画はバカウケ。私も何度見てもお腹を抱えて笑ってしまいました。そしてもちろん泣きました。

母は自分のことのように喜んでくれ、最後までなんどもお礼をいっていて、実はこれが一番印象的でした。

 

そんなこんなで慌ただしく8月が終わっていきましたが、ふと気づくと父が古希。幸い両親とも大病することなく健康に過ごし、おまけに父は自営業のため、まだ元気に働いています。

となると、いつまでたっても子どものつもりで過ごしてしまい、浦島太郎のように年をとっていたことに、改めて気づかされました。

いつかは勝手に大人になるのだろうと思っていたものが、実は違った。甘かった。。3人兄弟の末っ子という立ち位置からも、どうしても自分本意で考えすぎてしまう自分について、いつかは母のように父(夫)の喜びを自分のことのように感じられるのかなあ、とぼんやり考えながら帰路につきました。

 

昔の『人生50年』に当てはめたら、とっくに折り返し地点を過ぎている。自分の不甲斐なさにトホホと思いながら、これから何をするべきか改めて考えるきっかけになった誕生日会でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です