ターメリックというと、カレーの風味付けや「ウコン」の名で二日酔い予防といったイメージが強いかもしれませんが、実は、ターメリックは美容・美肌にも強力な効果があることで知られています。

 

 

ターメリックの成分「クルクミン」の働き

 

ターメリックの成分として有名なのが「クルクミン」

クルクミンはポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用や抗炎症作用を持っています。

私たちが排気ガスやタバコ・大気汚染などによって有害物質を取り込んだり、ストレスを感じたりすると、体内で活性酸素(フリーラジカル)が発生し、まわりの細胞を傷つけてしまいます。

クルクミンはこの活性酸素の活動を抑える働きがあるので、肌荒れやくすみなど細胞のダメージによるトラブルの防止が期待できます。

また、紫外線を浴びた場合には、体内でNF-κB(エヌエフ・カッパー・ビー)というシミやシワの原因になるといわれる物質が生成されますが、クルクミンはこのNF-κBの活性化も抑制することが分かっています。

 

 

腸内環境改善による美容効果も

 

ターメリックには、デトックス効果のある「食物繊維」も豊富に含まれています。

腸内環境が悪いと老廃物がなかなか排出されないため、体は体内に残った有害なものを毛穴から排出しようとします。その結果、吹き出物や肌荒れにつながることも。

食物繊維の働きで、下痢や便秘などが改善され、老廃物の排出がスムーズになった結果、肌のトラブルが解消、美肌が期待できます。

また人間の免疫力の7-8割は腸内環境で決まると言われており、腸内環境が整うことで風邪をひきにくくなったり、病気にかかりにくくなるのも嬉しいですね。

 

インドの古代医学、アーユルヴェーダでは

 

インドやスリランカに伝わる美容・健康術として有名な「アーユルヴェーダ」では、さまざまなスパイスの効能を取り入れて、体の不調を整えるために利用しています。

ターメリックもその1つ。

ターメリックには、アーユルヴェーダでいうところの「スロータス」という作用があり、食事で取り入れたり、肌に塗ったりすることで、血液・神経・エネルギーなどの流れをよくするといわれています。

体の巡りがよい状態では、老廃物はすみやかに運び去られ、新しい酸素と栄養が細胞のひとつひとつに手渡されます。体のすみずみまで新陳代謝がスムーズであれば、当然病気にもかかりにくく、見た目も若々しく美しくいられるはずですよね。

ターメリック(秋ウコン)とアーユルヴェーダの関係とは?

また、ターメリックはインドではヨーグルトなどと合わせて肌に塗り、化粧品・スキンケアとしても使われています。顔に塗るのはちょっと勇気がいりますが、ターメリックの成分である「クルクミン」の抗炎症作用で、ニキビや吹き出物にも効果が期待できそうですね。

【こぼれ話】
美容効果も高いとされるターメリックですが、ターメリックに含まれるクルクミンの黄色色素は染色に使われるほど強力です。以前水に溶いてパックをしたら、顔の赤みは取れた(抗炎症作用)ものの、顔が黄色くなりました。試される方は夜や何もない日にパックをするのがオススメです。(リフェットセレクト 上田)

 

ターメリックをそのまま摂取するのは苦手、使い方がわからないという方には、ナトハの黒人参茶やゴールデンラテなど、手軽に美味しく、国産(沖縄県産)無農薬ターメリックが摂れるアイテムなどもありますので、参考にしてみてください。

▶︎リフェットセレクトでターメリックを使ったアイテムを見る

SAKEKING
4種の無農薬ウコンをつかったナチュラルサプリ

natoha(ナトハ) 黒人参茶 クレンズ
スーパーフード・黒人参にウコンと緑茶をブレンド。便秘やダイエットに。

natoha(ナトハ) ゴールデンラテ
おいしいゴールデンミルクが手軽に作れる100%国産パウダー





【好評発売中】心も肌もポカポカに!イギリスの実力派ブランドとのターメリックコラボセット

“美肌に嬉しいターメリックの美容効果と活用法とは?” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です