今日も長命草パウダーを使った、簡単おやつのご紹介です。

あんこを使うだけでぐぐっと『お店感』が出る気がするのは私だけでしょうか。

今回のレシピは缶詰のゆであずきでつくる、簡単白玉レシピ。お水を足せば「ぜんざい」や「おしるこ」にもなります。和のお菓子は難しそ〜うなイメージがありますが、実は白玉粉とお水、あずきだけで作ることができますよ。

 

ちなみにぜんざいの語源も調べてみました。
仏教用語に『善哉(よきかな)=実に良い』という言葉があり、ぜんざいを食べた僧が『善哉』といって美味しさを表現したことから、と言われています。

関東では「ぜんざい」は汁気が少ないもの「おしるこ」は汁気が多いものに対し、関西では汁気が少ないものは「亀山」と呼び、汁気が多くてもつぶしあんでできたものを「ぜんざい」、こしあんでできたものを「おしるこ」と呼ぶそうです。(初めて知りました)

 

さて、こちらも白玉を作るところや、盛り付けはお子さんと一緒にできそうですね。

お好みでアイスやフルーツもトッピングして、あなただけの『よきかな善哉』を作ってみてはいかがでしょうか?

【2色白玉あずき】

●材料(器4〜5個分)
白玉粉 1袋
水 適量
ナトハ長命草パウダー 小さじ2〜3
ゆであずき 適量

1. 白玉粉を半分に分け、片方にナトハ長命草パウダーを入れ、混ぜておく。
2. 1のそれぞれに、少しずつ水を加え耳たぶの柔らかさ程度になるまでこねたら、ひとくち大に丸める。
3. 鍋にお湯を沸騰させ、2を入れてゆでる。
4. 鍋の底から浮いてきて茹で上がったら、冷水に取る。
5. 4をざるにあけ水気を切ったら、器に盛り、ゆであずきをかけて完成。
ぜんざいやおしるこにする場合は、ゆであずきに(ゆであずきに対して)80%ほどのお水を足して煮込んでください

 

記事に関連する商品
長命草パウダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です