おかげさまで、雑誌などのメディアでも取り上げていただくことが増えたターメリック(秋ウコン)を美味しく飲めるゴールデンラテ。みなさんももうお飲みいただいてますでしょうか?

こちら、即席でターメリックミルクが簡単に作れるというパウダードリンクなのですが、以前からご紹介の通り、料理にもお使いいただけます。

ちなみに我が家では、もはや調味料と化していて、簡単に使える優れもの調味料としてかなり助かっています。

そこで今回は、これから夏の暑い時期にもおすすめな、『さっぱりなのにコクがあって美味しい!カジキのトマトソースがけ』をご紹介したいと思います。

 

【さっぱり&コクうま!カジキのトマトソースがけ】

●材料(4名分)
カジキの切り身 4枚
玉ねぎ 中玉半分(100g程度)
しめじ 50g程度
にんにく 1かけ
あらごしトマトピューレ(缶詰のもの) 400g程度
ゴールデンラテ 小さじ2
塩・胡椒(カジキの下味用) 少々
オリーブオイル 少々
塩 少々
醤油 小さじ2程度(お好みで)
バター 少々
乾燥パセリ お好みで

1. カジキの切り身の水気をキッチンペーパー等で軽く拭き取り、両面に塩胡椒を振っておく。
2. 玉ねぎはスライス、しめじはほぐして太めのものは縦半分に、にんにくはみじん切りに、それぞれ切る。
3. フライパンにオリーブオイルを敷き、にんにくを炒めて香りが出てきたら、玉ねぎとしめじも入れ、塩を振って炒める。
4. 3にあらごしトマトピューレを入れ具材と馴染ませたら、ゴールデンラテと醤油を入れる。混ぜながら少し煮立たせバターを追加し、再びよく混ぜたら火を止める。
5. 別のフライパンにオリーブオイルを敷き、カジキを焼く。片面に焦げ目がついたらひっくり返し、蓋をして再び焼く。もう片面もカリッとしてきたら、火を止めてお皿に盛る。
6. 5に4のソースをかけて、お好みで乾燥パセリを散らしたら完成。

 

カレーを手作りすると、材料に必ずと言っていいほどトマトが使われます。もともとターメリック(秋ウコン)とトマトは一緒に使われることが多いんですね。

ゴールデンラテにはターメリック(秋ウコン)の他に、生姜パウダー、さとうきび由来の粗糖などの甘みも配合されていますので、トマト料理に使うと、トマトの淡白さにコクを出したり、角のある酸味を丸く和らげたりしてくれます。

手作りのトマトソースやトマトスープを作っても、やたらに酸っぱかったり、何か物足りない味だなと感じたことはありませんか?

そんな時にこのゴールデンラテをパラパラとふり入れてみてください。

簡単に味が美味しく変化します。

 

これから食欲の落ちがちな夏がやってきます。

そんな時には、さっぱりしていて食べやすい&ターメリック(秋ウコン)と生姜で栄養もバッチリ!な“ゴールデンラテで作る夏料理”をお試しください。

 

natoha ゴールデンラテ
ターメリック香る、心和らぐホッとな味わい




『ゴールデンラテ エンジョイスパイスセット』7月2日より3ヶ月連続で、ゴールデンラテに「ちょい足し」できる美味しくヘルシーなスパイスをプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です