私たちの日常生活に寄り添ってきた『アロエ』。肉厚な葉にトゲがついた、ユリ科の植物です。キダチアロエアロエベラなど他にもさまざまな種類があり、世界では東南アフリカで、日本では伊豆半島などに多く生息します。

今回はアロエについて、少し掘り下げてご紹介していきます♪

アロエの効果・効能とは

「医者いらず」と古くから言い伝えられているように、万能薬として親しまれてきたアロエには、下記のような効果があると言われています。

抗炎症効果

軽い火傷や傷の炎症を抑える効果があると言われており、昔はアロエの中身を炎症部分に塗ったり貼っていました。現代では、生のアロエを使用することは少ないとは思いますが、現在、医薬品としてアロエの成分を含んだ外用薬を手にいれることができます。外傷の治癒に効果があるとされ、救急箱の中に備えている一般家庭もあります

日焼けした時に『アロエ化粧水』がいいなどと言われているのも、アロエの持つ抗炎症作用によるものなんですね。

健胃・整腸効果

アロエに含まれるアロインという苦味成分が胃や腸内環境を改善して整える効果があると言われており、胃炎、消化不良、便秘などを解消する効果が期待されています。

美肌効果

化粧水コーナーでアロエ配合の化粧水を見たことのある方も多いかと思います。アロエにはアミノ酸をはじめとする多くの栄養成分が含まれていることから、保湿力にも長けており、美白対策や美肌対策に効果があると言われています。また、殺菌作用もあるという点から、ニキビにも効果があるようです。

ダイエット効果

アロエは低カロリーなのに食物繊維が豊富なため、ダイエットの補助食材としても使用されています。アロエ入りのヨーグルトや飲料はスーパーやコンビニでも気軽に手に入るため、活用されたことのある方も多いのではないでしょうか。

万能薬 アロエの使い方

定番!アロエを 肌に塗る

上述の通り、アロエに含まれる炎症を抑える成分により、古くからアロエの葉を切って出て来た葉肉を患部にあてて応急処置を行うことがあります。

地域によっては、小さい頃におばあちゃんの家でケガやヤケドをすると、庭のアロエをちぎってあてられたという記憶のある方もいるかもしれませんね。

アロエを飲む

しかし、アロエの使い方は外用薬としてだけでなく、飲料として用いることが可能なんです!エキスを抽出して飲んだり、乾燥したアロエの葉を煎じて、「アロエ茶」として飲むことができます。

飲み物として摂取をすると、体内の炎症を抑えるため、下記のように体の不調を内側から改善する効果をのぞめます。

  • 頭痛、めまいの改善
  • 免疫力向上による風邪の予防

黒人参茶リラックスでアロエを飲む

自然食材を使用して、美容効果があることで注目されている黒人参茶リラックスには、アロエも含まれています。黒人参茶にはその他黒人参由来のポリフェノールが多く含まれているため、アロエに加えて美肌効果も期待できるかもしれませんね。

アロエの成分であるサポニンも、老化や病気の原因と言われる活性酸素をなくしていく効果がある有効成分とされています。体にやさしい自然の食材を使用した黒人参茶[リラックス]は体の内側から美容効果を促すお茶と言っても過言ではないかもしれません!

*アロエ由来のアロインは子宮を収縮させる効果があると言われておりますので、妊婦さんはお控えください。


 

natoha(ナトハ) 黒人参茶[リラックス]
スーパーフード・黒人参にレモングラスとアロエをブレンド。夜のグッスリに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA