「ゴールデンミルク」という名前を聞いたことはありますか?

ハリウッドセレブにも人気のドリンクなので、最近生まれたものかと思いきや、実はインドの家庭では風邪を引いた時などに飲む健康食として昔から親しまれているそう。

その中身とは、いったい何なのでしょうか?

 

 

「ターメリックラテ=ゴールデンミルク」の材料と配合

 

「ゴールデンミルク」のおもな材料は、「ターメリック(ウコン)」です。そこへ、症状に合わせてスパイスや調味料を加え、温かい牛乳(またはアーモンドミルク・ココナッツミルクなど)に溶かして飲むのが主流です。

合わせる材料は、ジンジャー(生姜)、シナモン、ブラックペッパー、ココナツオイルなど。地方や家庭によって少しずつ異なるのが特徴です。

ほどよい甘味があるとより美味しく飲めるので、ハチミツや黒糖などを加えるのがポピュラーです。

カフェインが入っていないので、体調がすぐれない時や夜寝る前にも安心して飲めるのがいいですね。

 

 

ターメリックやスパイス類の効能は?

 

「ゴールデンミルク」(ターメリックラテ)に含まれるターメリックには、

  • アルコール分解
  • 便秘解消
  • 老廃物の排出
  • 疲労回復
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症・鎮痛

と、老若男女を問わずさまざまな効果が期待されています。

 

さらに、同時に加えられているスパイスにもそれぞれの効果があり、例えば生姜(ジンジャー)では、

  • 血液をサラサラにして、体の巡りをよくする
  • 血管を健康に保つ
  • 冷え性の改善
  • 頭痛の緩和
  • 抗酸化作用
  • 肩こりなどの改善
  • 胃腸の働きを促進

など、数多くの効能が期待されています。

 

「ゴールデンミルク」(ターメリックラテ)を自分でブレンドする場合、甘味は砂糖やハチミツなど好みのものを加える人が多いですが、白砂糖であれば黒糖などのミネラル分を多く含むものの方がおすすめです。

はじめから程よくブレンドされているものならさらに手軽ですね。

▶︎ おいしいゴールデンミルクが手軽に作れる「natoha ゴールデンラテ」を見る

 

アレンジもいろいろ可能!

 

粉末でブレンド済みの「ゴールデンミルク」(ターメリックラテ)なら、そのまま温かい牛乳や豆乳、アーモンドミルク、ココナツミルク、カシューミルクなどに溶かしたり、夏であれば冷たいミルクに溶かしたりしてもおいしく飲めます。

そのほか、ヨーグルトやタピオカミルクなどスイーツにトッピングしたり、パンケーキやマフィンなどの焼き菓子に混ぜると、きれいな黄色を楽しむことができます。

シナモンやカルダモン、ペッパーなど、好みのスパイスを加えて楽しむのもいいですね。

色々試して、あなた好みの「ゴールデンミルク」(ターメリックラテ)を見つけてみて下さい。

 

natoha(ナトハ) ゴールデンラテ
おいしいゴールデンミルクが手軽に作れる100%国産パウダー

“奇跡のスパイス・ターメリックを美味しく摂れる「ゴールデンミルク」とは?” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です