こんにちは。絶賛子育て中・フェットセレクトの上田です。

 

メルマガではすでにご挨拶しましたが、この1月に出産をしました。

現在半年の男の子を育てていますが、なんと育児の大変な事。

末っ子選手権があったら日本代表になれるレベルの自分にとっては、我が子の可愛さにメロメロするとともに、自分の思う通りにならない事=苦行を積み重ねており、まさに修行僧になったかのような日々を過ごしています笑

 

さて、これからリフェットセレクトでは月ごとのテーマを設け、テーマに沿ったコラムやSNS発信、(いつかは)限定商品のご紹介などもして行ければと思っています。

 

 

7月のテーマ・インナービューティー

 

 

「インナービューティー」

だいぶ認知度の高い言葉となりましたが、説明を求められるとゴモゴモしてしまう単語ですね。。

  • 体の中をきれいにする(=健康になる)こと
  • 体の中を整え、肌を美しくすること
  • 心を美しくすること

様々な解釈がありますが、調べてみると「内面からの美しさ」と訳され、心や体、内側からキレイになりましょう。という意味だそう。

 

 

「You are what you eat(食べたもので体は創られる)」

 

 

私自身は「インナービューティー」と聞くと、この言葉が浮かびます。

 

実は赤ちゃんと一緒に生活をする中でとっても不思議な体験をしています。赤ちゃん=自然のもの と一緒に過ごす事で、自分自身も自然そのものになるような、そんな不思議な感覚を味わっているのですが(この話はまた今度メルマガででも)その中で、動物の原初的な欲求「食べる」「寝る」の大切さを痛感しています。

というのも、自分に余裕がないなと思う時は、常にこの二つのどちらかが満たされていない事が8割方なのです。

 

それって逆にいうと、「食べる」「寝る」が充実している時は、心に余裕が持てて、ちょっとやそっとの事ではイライラしたり悲しくなったりしない=心の状態が良いということ。

そして栄養価の高く、良質な環境で育った野菜や旬の魚などを食べる事で、心の充足感はもちろん、美しい肌や健康な体に結びつきます。

 

 

体や心に10秒だけ耳を傾けてみる

 

 

自然の影響を大きく受けることで気づかされたのが「自分の感覚って、なんと鈍くなっていたのか」ということ。

たくさんのストレス要因がそこらじゅうに散らばっている現代では、感覚にフタをして鈍感になる方が楽に生きられます。

でもそうやって過ごしていくことで、体や心に負担はかかるもの。

 

私はたまたま出産というきっかけで、自分の感覚に目を向けられるようになりましたが、今後もまた鈍感になっていく可能性は大。

なので気がついた時に、食べる時には全神経を舌に集中させてみたり、ふとした時に目をつぶって自分の体のバランスを探ってみたり、自分の内側(インナー)に心の目を向けてみています。

すると、自分の体や心が喜んでいるか、はたまた疲れているのか、なんとなーく感じとれるものですよ!

 

梅雨時期は気持ちも落ち込みやすいですが、家の中にいる時間が長い季節。

雨の音に耳を傾けながら、ぜひ自分の体や心と少しだけ向き合ってみて、ご自身なりの「インナービューティー」を探ってみてはいかがでしょうか^^

 

▼オススメインナービューティーアイテムはこちら

▼インナービューティーに関するコラムはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です