若い頃は夏が来るのが楽しみだったのに、いつからか夏バテに悩まされるようになって夏が苦手になってしまった…という方は多いのでは?

近年は酷暑と呼ばれるほどの異常気象が続いていて、夏バテや熱中症で体調を崩す人があとを断ちませんよね。一体、夏バテを解消して、健康なカラダを取り戻すにはどうしたら良いでしょうか。

今回は夏バテの治し方についてお話していきます。

 

夏バテになったら?自宅でできる夏バテ解消法

 

「食欲が出ない」「なんとなく体がだるい」「体が凝る」などの症状が出たら、夏バテのサイン! 症状が軽いうちに早めにセルフケアで対処していきましょう。

 

胃腸に優しい栄養バランスを心がけて!

 

 

夏に食欲が落ちてくると、「夏バテかなぁ」なんていう指標にもなるかもしれません。食欲が落ちているときこそ、胃腸にやさしい高栄養な食べ物を選ぶこと、腹八分目を意識して食べることが大事! また、胃腸の負担を減らすために、よく噛んで食べるようにしたいものです。

特に疲労回復を促すビタミンB群タンパク質は積極的に摂ることが大事です。ビタミンB1とタンパク質の両方が豊富に含まれる豚肉サケ豆腐などがおすすめです。

そうそう、ポリフェノールも夏バテにはとても効果的だとも言われているんですよ!

 

暑い夏の夏バテは「ポリフェノール」で解消!?

軽めの運動を取り入れて、夏バテ解消!

 

夏バテが軽いうちであれば、適度な運動も効果的。「暑い中で運動!?」と思うかもしれませんが、体を動かすことで巡りが良くなり食欲増進や睡眠を促す効果も期待できます。

ポイントは涼しい時間帯に運動すること! もちろん激しい運動をする必要はありません。早朝に軽めにウォーキングしたり、ラジオ体操やヨガなどで軽く運動するだけで十分です。

ストレスレスに続けることで、夏バテに多い体のコリもほぐれて、疲れを感じにくくなりますよ。

 

睡眠をとって疲労を翌日に持ち越さない!

 

 

良く寝て疲れを取ることも夏バテ解消になります。暑くて寝苦しい夜が続いて寝不足になりがちだからこそ、早めの就寝を心がけましょう!ドラマや夏の特集「怖い話」を寝しなに見るものほどほどに。

さらに、寝る前1時間前にぬるめのお湯で入浴を済ませておくと体温が下がり、寝つきも良くなります。体が温まる飲み物を飲んでみるものオススメ。

 

一方、頭が熱くて寝付けない時は「頭寒足熱」といって頭の温度を下げることが大切。アイス枕や保冷剤を小さなタオルなどで包んで後頭部に当てると寝苦くなく、すっきりと寝られますよ。

夜に睡眠が十分に取れなかった時は、30分程度の短めの昼寝で寝不足をカバーするという手も。まずは、良質な睡眠をいかにとるか、自分にあった方法を見つけ出してみるのもいいかもしれませんね。

 

夏バテ解消法を取り入れて、健康なカラダを取り戻そう

 

紹介した夏バテを解消する方法は、予防にも効果的な方法です。夏バテを悪化させないように、早いうちから対処していくことを心がけてみてください。

ただし、重症なときは別の病気が関わっていることもあるので、自己判断しないで病院で相談するようにしてくださいね。夏バテは放置していると病気につながることもある危険なサイン!! しっかり対処して、健康な毎日を目指しましょう!

 

黒人参茶[ビューティー]
黒人参にハイビスカス、月桃をブレンド。
夏バテ・疲労回復に。

黒人参茶[リラックス]
黒人参にレモングラス、アロエをブレンド。
食べ過ぎたあと、就寝前に。

黒人参茶[クレンズ]
黒人参にターメリック、緑茶をブレンド。
むくんだカラダに。

ゴールデンラテ
ターメリック、ジンジャー、サトウキビをブレンド。
冷えが気になる時に。

大学院卒業後、国内外の製薬会社や調剤薬局にて薬の企画開発・マーケティングからDI業務(医薬品情報業務)など、幅広く薬に関わりながら、サプリメント・ハーブやオーガニックコスメの販売業務を行う。

現在は、今までの経験を生かし、薬剤師として勤務する傍ら、正しい薬の使い方をはじめ、生活習慣や食習慣の改善を提案をする薬剤師ライターとしても活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です