2022年09月01日

こんにちは、リフェットセレクトの上田です。

朝晩涼しい日が増え、季節の変わり目を迎えつつあるこの時期
「今日は身体が重たいな」
「なんか今日は整わない」

といった日が増えませんか?

私の場合、今年は一足先に(?)夏始めにそんな日が多く、だるいと感じたり、とにかく眠たかったりと、身体の調子と向き合うことを余儀なくされた夏でした。

今回は、私が実際にやってみてよかったことをご紹介したいと思いますので、季節の変わり目を過ごす参考になれば嬉しいです!

黒人参茶クレンズをいっぱい飲む

「お掃除」が得意なブレンドは、全てを洗い流してくれる気がして、重たいと感じる日はひたすら黒人参茶クレンズをいっぱい飲んでいました。

暑い日はアイスで飲みたいところをぐっと抑えて、常温で。

ゴクゴク飲みたい時は2Lのペットボトルに入れて作る時もあります。一本飲み切った時の達成感はなかなかですよ。笑

これを飲んでいるとお手洗いの回数が増えることもあり、身体が軽くなったような気がします。

たくさん寝る

とにかく寝る。自分の中で最も多くの割合を占めている欲求「睡眠」をとにかく大切にします。

寝ることで体力の回復もそうですが、心の回復、そして「たくさん寝た」という満足感を得ることができるのでおすすめです。

質の良い睡眠をとる

そして就寝時にもう一つ大切なのが「質の良い眠りについた」という実感。

「昨日はなんだか寝つきがよかったな」
「あれ、朝起きたらスッキリしている」

と感じられた時の充足感たるや。

そのために私が実践していたことは2つあります。

質の良い睡眠のために①:香りを使う

その日に自分が心地よいと感じる香りを枕元に置いて寝ていました。

個人的に頻度が高かったのはモンサンミッシェルの「エナジーチャージ」

フレッシュでありながら、大きな手で包み込まれるような暖かさも感じるこの香り、大好きなのです。木のディフューザーやティッシュを畳んだものに1-2滴落として使っていました。

質の良い睡眠のために②:爆睡中の子供に触れながら寝る

お子さんがいる方におすすめしたい睡眠術です。

超回復している最中(睡眠中)の子供の睡眠力は、到底私たち大人ではなし得ないもの。寝つきが悪いと感じる時は、寝ている子供にちょっと触れると、あっという間に眠りの世界に連れて行ってもらえます。

ただし、その後近くで寝ていると蹴られる可能性があるので、少し注意が必要です。笑

やるべきことを一つ手放す

身体が重たい時・整わない時にはケアすることも大切ですが「手放すこと」も大切です。

日々やることに溺れているとなかなか気づきにくいですが、1日くらいやらなくても大丈夫。「やらなくちゃ」と思っていることを一つスキップするだけでも、気持ちが軽くなったりするものですよ!

人間なので誰でも整わない時はあるもの。

「嫌だな」「どうして整わないのかな」と考え出すと、ネガティブな気持ちがループしてしまうので、「今日は整わないからこの位でいっか」と”まいっか”を受け入れることが大切なような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA