黒人参にはさまざまな有効成分が含まれていますが、最も注目すべきなのが「アントシアニン」です。アントシアニンは抗酸化作用に優れ、特に目にいい成分として知られています。

今回は黒人参の目の疲れに関して、どのような効果が期待できるのか、おすすめの摂取方法などをご紹介します。

 

黒人参に含まれるアントシアニンとは?

 

 

黒人参に豊富に含まれる「アントシアニン」は、一般的にはブルーベリーや赤ワインに含まれる成分として知られています。

アントシアニンとは成分の名前で分類としてはポリフェノールの一種です。ポリフェノールとは植物が自分自身を過酷な環境から守るために持つ成分で、特有の色素や苦味を帯びています。

 

アントシアニンが目に良い理由

 

  • 視力改善
  • 抗酸化作用による緑内障・糖尿病性網膜症などの予防効果
  • 眼精疲労の回復・予防
  • 暗い場所での視力の維持

などの効果がアントシアニンには含まれています。

 

医薬品ではないため劇的な効果が期待できるものではありませんが、続けて摂取することで眼病を防ぐ効果が期待できます。

他にも目の毛細血管を強くしたり、炎症を抑える作用があるため、様々な目の機能改善に効果があると注目されている成分です。

 

黒人参にはアントシアニンが豊富に含まれる!

 

 

黒人参に含まれているアントシアニンの量は通常のニンジンと比べて約12倍も含まれており、抗酸化力は約13倍も高くなっています。

一方、乾燥させた黒人参をアントシアニン含有の食品として知られるブルーベリーと比べると、総ポリフェノール (アントシアニン)の量が約20倍も含んでいるというデータもあります。

効率よくアントシアニンを摂取したい人にとって、黒人参は非常に魅力的なスーパーフードです。

 

おすすめの摂取方法とタイミング

 

黒人参はスーパーの生鮮コーナに並ぶことは少なく、手軽に摂取するならば黒人参茶や黒人参をパウダー化した商品などがおすすめです。

また、黒人参の粉末や、黒人参茶に含まれる黒人参のように乾燥しているものは、日持ちや持ち歩きやすさはもちろんのこと、栄養素と効能が凝縮されるため、とてもオススメです。

摂取するタイミングは食品なのでいつでも大丈夫ですが、毎日続けて摂り続けることが大切。すぐに変化はわからなくても、少しずつ目の栄養となって効果を発揮してくれることでしょう。

 

黒人参で目のケアを始めませんか?

 

現代社会はスマホやPCなどが普及して起きている時間は目をずっと使いっぱなしの人も増えています。それだけ目を酷使している状態です。

眼精疲労や眼病を予防・改善するアントシアニンを豊富に含む黒人参は目のトラブルに悩む人にとって強い味方。

 

いますぐに始められるケアとして黒人参を取り入れてみませんか?

 

 

 

黒人参茶[ビューティー]
黒人参にハイビスカス、月桃をブレンド。
美白・紫外線対策をしたい方に。

黒人参茶[リラックス]
黒人参にレモングラス、アロエをブレンド。
よりリラックスしたい日に。

黒人参茶[クレンズ]
黒人参にターメリック、緑茶をブレンド。
便秘やダイエットなどのデトックスに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です