2020年12月24日

こんにちは。リフェットセレクト編集部の渥美です。
今年ももう終わろうとしていますね。2020年、本当に大変な年でした。


来年は、きっと、きっと、良いことがたくさんありますよう、そして、みなさまが暖かく穏やかな年越しをできますよう、祈るばかりです。

さて、おうちで過ごす年末年始。
ゆっくりお茶を飲みながら、ポリポリとつまむのにもぴったりなものを紹介したいと思います。

先日、リフェットセレクトがお取り扱いを開始した、こちら、
『サクッこりっの新感覚 赤いなつめ』です。みなさんは「なつめ」って、ご存知でしたか?

私は、先日まで“なつめやし”をなつめと勘違いして食べ続けていました。汗

“なつめやし”と“なつめ”は、全く別の実の食べ物なのですね…(なつめやしも美味しいですケド。)なつめやしはヤシ科の果物、なつめはクロウメモドキ科の果物だそうです。

こちらはなつめやし。ドライフルーツとして売られていることが多いです。なつめに似ていますね!

なつめやしはデーツとも呼ばれ、お店ではよくドライフルーツとして売られています。こちらも栄養が豊富。でも先日、問診をしてもらった漢方に詳しい友人に、「なつめを食べると良いよ」と言われていたので、ずっとなつめを探していたのです!


なつめの栄養といえば、何と言っても鉄分の多さが特徴。
「血が足りないかも」と言われていたので、なつめをオススメしてくれたのですね。

そんな時に、なんというタイミングの良さ!リフェットセレクトで取り扱ってもらえて嬉しいです^^


しかもこの『赤いなつめ』は無農薬のなつめを使用しているので、さらに身体に安心。


これ、本当はパッケージに大きく書いてほしいところです。笑 無農薬で美味しいなつめって、実は巷でなかなかお見かけすることがなかったので、探している方もいらっしゃったのではないでしょうか。

植物油で揚げているので、サクサクとしてとっても美味しい!!
この風味はなんだろう。焼きリンゴ?キャラメルバター?そんなコクのある甘さがします。

食べだしたら止まらないと聞いていたけれど、これは、本当だったんですね。
一口食べて「何これ!」、そして二口三口と進みます…

そこで注意なのですが、なつめは食べ過ぎるとお腹にくるようで、一日に6〜10片が目安とのこと。

多くてもこのくらいでやめておきましょう。(グッとこらえるのが大変ですが!汗)

我が家に届いた35gの『赤いなつめ』はあっという間になくなり、これはぜひ100gを買わなければと思っているところです。(『赤いなつめ』は35gと100gの2つのご用意があります。)

お友達に「食べてみて♪」のプレゼントには35gがちょうど良いサイズですが、おうち用には断然100gをオススメします。

毎日のお楽しみに、ぜひお召し上がりください。

あかいなつめ35g

赤いなつめ 35g
プチギフトや、持ち歩きのおやつとして


赤いなつめ 100g
ご自宅用のおやつとして

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA