あなたの睡眠時間は十分足りていますか?日本人の睡眠時間は世界的に見ても非常に短いことが分かっています。しかも、特に東京のような都市部では睡眠時間が短い傾向が。

足りていると思っていても実は睡眠時間が不十分であったり、眠っているつもりが睡眠の質が低下している可能性も。寝ても疲れが取れない、スッキリ起きられないという方は「睡眠負債」の黄色信号かもしれませんよ?!

この記事で睡眠時間の長さが十分かどうか確認してみてください。

 

日本人は睡眠時間が足りていない!?

 

 

日本人は海外の国々と比べても睡眠時間が短く、なんと経済協力開発機構(OECD)の国際比較調査によれば加盟国の中でなんとワースト1位。

その理由は「通勤時間の長さ」「長すぎる労働時間」「スマホやPCの使いすぎ」などが関係しています。一言で言えば日本人が働きすぎていることが原因です。

また、ビジネスパーソンだけではなく、リタイア世代や、学生、専業主婦にも不眠に悩む方が増えています。

 

日本人の平均的な睡眠時間と比べてみよう

 

日本の平均的な睡眠時間は7時間40分程度です。トップの秋田県、青森県などでは8時間近く睡眠を取れているというデータがあります。

一方で睡眠時間が短いのが「埼玉県」「千葉県」「神奈川県」であり、7時間30分ほどという結果に。東京への通勤時間の長さが関係していると考えられています。

「7時間半も寝られていれば、十分眠れているのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、世界的に見れば日本は立派な「睡眠不足大国」。

あくまでデータは平均値であり、4時間しか寝られていない、5時間の日もあれば寝溜めするため9時間寝る日もある、という方が多く含まれています。さらに、平成27年国民栄養・健康調査)によれば、1日の平均睡眠時間が6時間未満の人は年々増加傾向にあると報告されています。

 

知らず知らずのうちに睡眠不足が溜まると…?

 

 

「睡眠負債」という言葉がありますが、基本的に人間は寝溜めすることはできません。わずかな睡眠不足が続くことで、自覚がないままに「睡眠負債」を負ってしまうことも。体がなんとなくスッキリしない、ココロが晴れないという場合は、睡眠負債の影響があるかもしれません。

 

理想的な睡眠時間は7時間??

 

「1日あたり6-8時間の睡眠時間が望ましい」という話を聞いたことはありませんか?いろいろな研究から導き出された時間ですが、実際にスッキリ感を感じる睡眠時間は個人差があり、生活内容や季節、さらには年齢によっても変わってきます。

また、ある研究データによれば睡眠時間は短すぎても、長すぎても健康にリスクを及ぼすということが分かっています。米国の大規模調査では7時間が最も死亡率が低いというデータがあります。

ただ、必ずしも何時間睡眠が絶対に良いということではなく、自分が日中を快適に過ごせる睡眠時間を見つけることが大切です。

 

十分な睡眠時間を確保して、体内リズムを整えよう

 

睡眠でまず注意したいのが、十分な時間を確保することです。寝る直前までスマホやPCなどの強い光を見ていると睡眠の妨げに。

寝る1-2時間前からは寝つきが良くなるようにリラックスして過ごしましょう。本を読んだり、ストレッチ をしたり、温かいハーブティーやアロマを楽しむのもおすすめです。

また、日中の生活リズムも睡眠に深く関係しています。朝ごはんはしっかり食べる、ストレスを溜めない、日光を適度に浴びることも大切です。睡眠不足はパフォーマンスの低下や精神的なストレスにもなります。十分な睡眠をとり、生き生きと元気に毎日を過ごしましょう。

 

黒人参茶[リラックス]
黒人参とアロエに癒しのレモングラスをブレンド。
夜のグッスリに。

ゴールデンラテ
ターメリックにサトウキビとジンジャーをブレンド。
就寝前のカラダをあたため、深い眠りを。

 

大学院卒業後、国内外の製薬会社や調剤薬局にて薬の企画開発・マーケティングからDI業務(医薬品情報業務)など、幅広く薬に関わりながら、サプリメント・ハーブやオーガニックコスメの販売業務を行う。

現在は、今までの経験を生かし、薬剤師として勤務する傍ら、正しい薬の使い方をはじめ、生活習慣や食習慣の改善を提案をする薬剤師ライターとしても活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です